役員会議事録
第3回役員会(平成17年3月24日)

出席者(敬称略、順不同):山中英壽、土屋純、田村遵一、福田利夫、伊藤一人、釜萢桂子、都筑馨介、織内昇、中島孝、竹吉泉、本多忠衛、小山洋、中里洋一、岸紘一郎、白倉賢二、後藤文夫、佐藤浩子、鯉淵典之、猿木和久、伊吹令人、橋本省三、柳川洋子、長谷川昭、齋藤繁、米村公江、饗場庄一、長嶋起久雄、倉茂達徳、大木一郎、植竹敏、池康嘉、笠原浩一郎、鈴木庄亮、奈良純夫、久保洋、小林功、野上保治、山田邦子、金子達夫、学友会:2名

報 告 事 項
1.

法人のその後の活動について

   饗場理事長から医師賠償責任保険にかかるその後の加入状況が報告された。。

2.

平成17年3月退官教授送別会について
 幹事長から、3月2日に開催された送別会に約100名の先生方が参加され、盛大に催された事が報告され、合わせて保健学科所属の福田副会長から、今回は同学科の先生方のみが対象であったので、謝辞の言葉があった。

協 議 事 項
1.

学術集会補助金について
 中島委員長から、資料1に基づき提案があり承認された。
 第5回国際口腔顎顔面外科学会 茂木教授 20万円

2.

ホームページの更新について
 福田委員長から、ホームページのリニューアル作業は順調に進んでおり、4月中には更新できる予定である。
 本年4月から個人情報保護法が施行されるのに伴い、同窓会ホームページ等で収集した個人情報の取り扱いについて、必要があれば広報委員会あるいは役員会で検討をお願いした旨の提案があり承認された。

3.

石井記念館における設備の寄付について
 中島副会長から、工事にかかる経費の状況について説明があった。
 続いて、後藤医学部長から建設模型及び図面による計画等が披露され、建設に係る経費が大幅に不足していることが述べられた。この不足額に対し、同窓会からの協力方法について検討の提案があり協議したが、会員からは昭和地区における支援体制の確立状況及び同窓会から多額の援助を実施することは困難である。等の意見が述べられた。。

4.

会報の編集状況について
 福田委員長から資料が配られ、これに基づき196号(4/15発行予定)の掲載予定が説明された

    次回役員会開催日:4月28日(木)午後7時〜
         場 所:医学部刀城会館





事務局連絡先群馬大学ホームページ
 サイト内検索

© 2005 Gunma University School of Medicine
Alumni Association. All rights reserved.